社長挨拶

会社案内

信頼-それは品質へのこだわり

代表取締役近影

近年ITの技術革新は目覚しく、その利用範囲・構築手段は大きく変化してきました。 企業もIT活用度が業績に大きく関わることもしばしば見受けられます。

しかし、いかにその形態が変わろうとも業務の本質は変わりません。 IT構築とは各企業の業務本質をいかに捉え、それとIT技術のコラボレーションと理解しています。 それは決して大きな投資を意味することではありません。

「各業務の本質に合わせた全体最適システム」を常に目指しているのが私たちフィニティです。 お客様と真の問題解決方法を検討し、IT活用により一歩でも前進すること。 その前進こそが品質であり、その積重ねが信頼と思っています。


信頼を築き、お客様と最後までお付合いをさせていただく…そんな会社を私たちフィニティは目指しています。


略歴

1977年 日本IBM入社
以後中小型機分野のシステムズ・エンジニアとして数多くのシステム導入を手がける
  • 主な担当分野 工作機械・生産管理
      トヨタ系部品メーカー様生産管理
      商社系の販売管理システム
  • この間システムズ・エンジニアとして1年間に数社~10社程度のシステム構築の支援を行う
1986年 名古屋地区で初めてAS/400の導入を行う
1988年 IBM生産管理パッケージ P-PACK/Sを責任者として開発
1989年 業種特化に専念するためシステムズ・エンジニアよりインダストリー・スペシャリストに職種変更
以後各種セミナー等の開催、パッケージのプロモーション活動を行う
1990年 P-PACK/Sの拡張版として部品表機能を付加したP-PACK/STを責任者として開発
1991年 簡易型生産管理システムP-PACK/E-M及び
製造業向け販売管理システムP-PACK/E-Oを責任者として開発
1993年 日本IBM退社
同年ソフト開発会社取締役に就任
1997年 株式会社フィニティ設立
代表取締役に就任
ページの先頭へ戻る